女性が女性として、母として、家族、社会の一員として人生を思いっきり楽しむために生理について積極的に情報交換できる場所が少なすぎると思いませんか。

生理について話すのは「やっぱり恥ずかしい」という印象が私を含めて多くの女性の中にいつもあります。この生理に関するイメージが職場や学校での対話を減らし、最終的には生理痛や生理不順=ひそかに歯を食いしばって我慢しなくてはならないもの という図式を女性に強いている気がします。

 

私たちが自主的に生理やホルモンバランスについて勉強した上で、生理に関する情報を「自分で選ぶ」という視点があったら、私たち女性は生理痛や生理の悩みと「戦う」エネルギーを自分の身体を労わるためのエネルギーに回し、今よりずっとずっとパワフルで自立した存在になれると思うのです。

Copyright © 2018 Mariko Imada - All Rights Reserved.
著作権:許可なしで当サイト内の内容と写真を転載することは禁止しております。免責事項
毎月ブログのダイジェスト版をお送りします