生理周期と自然な身体の変化 その1

生理周期と四季のサイクルは似ています。

生理期間中は冬をしのぐように過ごす



生理痛や生理不順、それに伴う不快な症状のせいで、生理を迎える度に恐怖におののくスーパーウーマン達が多いです。


私もその一人でした。その昔生理周期が55日、来たら来たで生理痛がひどいか出血もひどい。いつも貧血気味。漢方も鍼灸もマクロビもやったけれど、はっきりとした効果を感じられるのは一時的。。。


そんな私が今、生理周期平均で28日。そりゃあストレスたまったり暴食して生理周期ずれることもたまにありますけれど、周期が整ってくると本当に自分が女性であることが楽しいし、なにより元気です。いろいろことに興味がわいてくるし、挑戦もしたくなる。自分の身体を知ることって、自分の元から持っているパワーにアクセスできるっていうことでもあるんだなと、最近ひしひしと感じます。


私の自分の経験からも言えるのですけど、生理周期が整ってくると、いつどんなときに行動を起こしたくなるか、いつ休むべきか、とか、身体の変化で自分のライフスタイルにも一定の流れを作ることができます。その一定の流れみたいなものをこのブログでご紹介したいと思います。これは、私が昨年に学んだ生理サイクルと身体と気持ちの変化を私なりにアレンジしたものです。ぜひ参考にしてみてください。


ピルを服用している人にはあてはまりません。


1. 生理の期間中(3~7日)ー冬

気持ちと身体の変化

まずは元気なくなる。何にもする気がおこらなくなったりして、家にこもっていたくなる。ってか、それ普通なんです。この期間中は寒い冬にわたしたちが普通にするように、家にこもって、静かにしているのが一番。


私も含めて仕事や育児を休めないほとんどのスーパーウーマンたちは、もし自分が疲れていたとしたら「あー生理中なんだから疲れているのは当たり前」と自分で納得するとなんだか気持ちがリラックスすることもあります。少なくとも2日目には無理に予定入れないのが吉。


子宮の形も変化します。子宮頚部がちょっと長くなって、子宮口が広がっています。


この間には、右脳と左脳のコミュニケーションが活発化します。





この期間中自分のためにできること


生理期間中には自分のための一人時間を多く作るのがおすすめ。

運動はしない

特に経血の多い日は外に出て遊ばない。

さっさと用事をすましてとにかく早く寝る。

寝ると決めた時間の2時間前はスマホみない。

友達と会う日をずらす

いつもより「ノー」を多く言う

長風呂に入る

自分の身体がこの期間中にどんな感じか観察する


右脳と左脳のコミュニケーションが活発化するので、実はこの期間は勘が冴えているときでもあります。この期間は直感を大切にしてみるのも吉。


生理痛や頭痛が酷いときは、湯たんぽあてたり、長風呂するのもおすすめですが!


実は生理中にこのときは身体的に気持ちの良いことをするのもおすすめなのです。

ペットをハグしたり彼氏彼女を抱きしめるとか、オナニーをして生理中に減っているオキシトシンの分泌を促すのも吉!オナニーってそんなに悪いことか??と思います。楽しくて気持ち良いでしょ。誰かを傷つけたりしているわけではないのだし。

自分の大好きな食べ物を適度に食べるのも超おすすめです。


というわけで次は春ー卵胞期です。

36 views
毎月ブログのダイジェスト版をお送りします
Copyright © 2018 Mariko Imada - All Rights Reserved.
著作権:許可なしで当サイト内の内容と写真を転載することは禁止しております。免責事項