パラベン

パラベンの真偽を解くのはまだ難しい



結論から言って、私はパラベンは基準値以内で使っていれば安全だから大丈夫というわけにはいかないと思っています。


危険かどうかわからんので、とりあえず避けるのならそうすれば良いとおもいます。


なぜなら


1.

A review of the endocrine activity of parabens and implications for potential risks to human health.

Golden R1, Gandy J, Vollmer G.

"Based on these comparisons using worst-case assumptions pertaining to total daily exposures to parabens and dose/potency comparisons with both human and animal no-observed-effect levels (NOELs) and lowest-observed-effect levels (LOELs) for estrogen or DES, it is biologically implausible that parabens could increase the risk of any estrogen-mediated endpoint, including effects on the male reproductive tract or breast cancer. "

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16097138)


この最後の一文、「パラベンは、男性生殖器や乳がんを含むエストロゲンを介した評価項目において、パラベンがリスクを増加させるかどうかは疑わしい」


2. Final amended report on the safety assessment of Methylparaben, Ethylparaben, Propylparaben, Isopropylparaben, Butylparaben, Isobutylparaben, and Benzylparaben as used in cosmetic products.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19101832


"Parabens do not accumulate in the body. Serum concentrations of parabens, even after intravenous administration, quickly decline and remain low. "


パラベンは身体に蓄積しない。血清中のパラベンも、静脈注射したあとでさえもすぐに減少し、低水準にとどまっていた。


と、同時に


3.

Association between paraben exposure and menstrual cycle in female university students in Japan.

Nishihama Y1, Yoshinaga J2, Iida A3, Konishi S4, Imai H5, Yoneyama M6, Nakajima D6, Shiraishi H6.


という記事では、

" We found significantly negative relationships between menstrual cycle length and urinary estrogen-equivalent total paraben (odds=0.73, 95% CI 0.56-0.96) and butyl paraben concentrations (odds=0.83, 0.70-0.99), which indicated shortened cycle length in women with high urinary paraben concentrations. This study indicated that paraben exposure at not excessive levels is associated with menstrual cycle length or its variability among general female subjects. These results suggest a possibility that parabens expure is one of the environmental causes of human reproductive problem."

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27189314


生理周期と、エストロゲン同量のパラベンとブチルパラベンの量にネガティブな関係を発見した。濃縮パラベンが尿中に多量に見られた女性は、生理周期が短かった。この研究により、大量ではない水準のパラベンにさらされることは、生理周期の変化に関連しているほか、一般的な女性に関する問題にも関係している。これらの研究結果は、パラベンにさらされることは、人間の生殖問題に関わる環境問題の一つだ


ともあります。


このほかにも

Parabens inhibit human skin estrogen sulfotransferase activity: possible link to paraben estrogenic effects

(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17306434)


という記事には

" Overall, these results suggest chronic topical application of parabens may lead to prolonged estrogenic effects in skin as a result of inhibition of estrogen sulfotransferase activity "


パラベンには長期的な皮膚上での使用は、エストロゲン・スルフォトランスフェラーゼを阻害する結果、エストロゲン効果が見られた。


とかあるんですね。


というわけなので、まだ研究が進んでいる最中で、安全か危険かはわからないのです。


いやいや、余裕で安全でしょ?という記事といやーまだ研究が必要っしょ?という記事、いやーめっちゃ危険やん。

という記事が混在しているので、何を信じるかどうかは消費者次第なのです。


なのに、いや、パラベンは乳がんになるから危険。とか、エストロゲン増えるから絶対避けて、超危険。とか、一部の情報を大きく拡大して大騒ぎするのもいったいどうなのかと思います。


私自身は、これだけの研究論文読んで、完全に安全かどうかは今のところわからんので、とりあえず避けたほうが無難じゃないかと思っています。


もし、自分の分身がいて、安全とは言われているけど、安全じゃないといっている人もいるという証拠があったら、とりあえず避けるでしょ? 


というわけで、パラベンでしたー。

6 views
毎月ブログのダイジェスト版をお送りします
Copyright © 2018 Mariko Imada - All Rights Reserved.
著作権:許可なしで当サイト内の内容と写真を転載することは禁止しております。免責事項