生理痛、生理不順を改善するための  ヒント1

Updated: Nov 1, 2018



まず言っておきたいのですが、長く続く生理痛は普通の状態ではないです。


これが長く続くようだったら、まず産婦人科や婦人科に勇気を出して行ってください。いろんな検査を通してわかることがたくさんあると思います。まずは病院に行きましょう。これは、検査を通して、何も答えが得られず、生理痛は続く。。。という状態の女性にもしかしたらヒントがあるかもしれない、くらいのお気持ちで読み進めて下さいませ。


生理についてのお悩みを解決する上でまず本当に大切なのは、よく噛んで食べることなんです。これだったらサプリメントを買わなくていいし、自分で意識すれば良いだけですから、

一番簡単です。


実は、私は大量の出血が止まってから良くかんで食事するようになったら、

最初の3カ月くらいで定期的に生理来るようになりました。これまで35日、37日、たまに55日(!)だった生理が平均35日で来るようになったんですよ。


食事するときにどれくらい噛んで食べているか意識したことありますか?


私が生理改善プログラムを始めたばかりのとき、このことを意識しながら食べてみたら

平均10回くらいしか噛んでいませんでした。私は多分うまれつき胃腸が弱くていつも

胃の調子が悪かったので、これは体質だから仕方がないとあきらめていました。


せっかくオーガニック野菜やグラスフェッドのステーキとかを食べても、良く噛んで消化できなかったら、栄養がうまく身体に行き渡らないのです。。。今思えばわたし、本当にお金をムダにしていましたです。


ところが、このプログラムを始めて意識的に少なくとも一口(口の中にほどほど詰まるくらい)20回、できれば30回噛んで食べるようにしたら、まず胃腸の不調が大分減りました。動物性たんぱく質(特にお肉)はもうちょっと頑張って40回くらい噛むと大分違います。


胃には歯はありません。まずちゃんと噛んでから胃に送ってあげることが大切だと実感しましたです。


あとは全体の食事量に対する動物性たんぱく質の量。全体から見てだいたい3分の1くらいで十分な栄養が摂取できます。



毎月ブログのダイジェスト版をお送りします
Copyright © 2018 Mariko Imada - All Rights Reserved.
著作権:許可なしで当サイト内の内容と写真を転載することは禁止しております。免責事項